Journal Club | TREM2がアルツハイマー病解明の突破口を開く


Posted by CSTジャパン on 2018/01/15 6:00:00


年末年始のイベントが一息つきましたね。本日のJournal Clubでは、そんな読者のニューロンを激しく“スパーク“させるような、興味深い論文を取り上げます。

アルツハイマー病 (Alzheimer’s disease:AD) の病理学的特徴として、Amyloid β (Aβ) プラークの蓄積と神経原線維変化があげられます。これらに関する研究は数十年もの間続けられていますが、病気の進行とこれらの病変との関連は十分に明らかになっていません。これらの病変は、ニューロンの機能障害や神経変性の直接的な原因となり得るでしょうか?もしそうであれば、なぜこのような病変を蓄積した患者のうち何人かは、死ぬまでに神経学的に全く正常なままでいられるのでしょうか?AD患者は、これらの病変の蓄積から自身を守るような細胞プロセスや分子プロセスにおいて、何らかの二次的な欠損を有しているのでしょうか?もしそうであれば、どのような細胞がそれに関与して、一体どんな…

ちょっと待って。

一旦、深呼吸しましょう。

続きを読む >

Topics: Journal Club, Autophagy, Alzheimer's Disease, Neurodegeneration, Metabolism, Neuroscience

プロテオミクスの底力:発見への明確な道筋|その1


Posted by CSTジャパン on 2018/01/01 6:00:00


設備の整った研究室に所属し、質量分析に習熟されている研究者、これまでプロテオミクス実験を始めることなど考えたことがなかった研究者、どちらのお客様に対しても、CSTのプロテオミクスグループは発見を後押しする明確な解決策をご提案できます。詳細はこちらのビデオでご確認ください。

続きを読む >

Topics: techniques, Proteomics, PTMScan

免疫蛍光染色の成功のために:固定と透過化処理


Posted by CSTジャパン on 2017/12/15 6:00:00


本記事はIFシリーズ、4部構成の第3回です。「抗体の検証の重要性」「実験のコントロール」もご覧ください。

抗体のパフォーマンスは、信頼できる免疫蛍光 (IF) の結果が得られるかどうかを左右する決定的な因子です。同じく、生体サンプル (実験で使用する細胞または組織) の準備も重要です。サンプルの固定処理と透過化処理は、実験の成否を決める重要なステップです。理想的な固定液を用いれば、クロスリンクと内在性酵素の阻害によって自己融解による分解を迅速に停止させ、「生きていた時のような」画像を得ることができます。本記事では、最高のパフォーマンスを発揮するプロトコールが抗体によって異なる例をご紹介します。

続きを読む >

Topics: IF-IC, techniques, Antibody Performance, Protocols, Fixation

ローディングコントロールの設定が正しいかどうか考えたことがありますか?


Posted by CSTジャパン on 2017/12/01 6:00:00


ラボの進捗報告会あるいは学位論文発表会で発表するために、これまでの実験ノートからデータを集めています。あなたは興味深い仮説を立て、ウェスタンブロッティングで標的タンパク質を特異的に認識する抗体を使って実験したところ、バンドの分子量は正確で、標的タンパク質の発現は予想通りに変化しています。あなたは自信満々にプレゼンしました。しかし、ミーティング参加者から、こう指摘されてしまいました。「ローディングコントロールは?」と。

続きを読む >

Topics: techniques, Antibody Performance, Western Blot, Protocols, Companion Reagents

ウェビナー | Deciphering Cancer: Genomic Instability in Cancer


Posted by CSTジャパン on 2017/11/15 6:00:00


 

DNA損傷が、がんのリスクを高めることはよく知られていますが、エピゲノムやクロマチン構造の変化も同様に重要です。DNA損傷は、損傷部位周辺のDNA結合タンパク質の再配置を引き起こし、クロマチン構造の局所的かつ一時的な変化を引き起こします。しかし、DNAの損傷と修復が繰り返されると、エピゲノムの永続的な変化をもたらし、それによってがんなどの疾患の発症を促進する可能性があります。本ウェビナーでは、クロマチンの修飾を担うタンパク質を標的とすることにより、どのようにしてがん治療に効果的な新しい治療法を開発することができるかを検討します。

続きを読む >

Topics: Webinars, Cancer Immunology, Cancer Research

免疫蛍光染色の成功のために:実験のコントロール


Posted by CSTジャパン on 2017/11/01 9:00:00


何ヶ月間にも及ぶ実験を経て免疫蛍光染色 (IF) でテストする段階にたどり着き、抗体を選んでパイロットIF実験を行い (抗体の検証の重要性をご覧ください)、標的タンパク質の局在が妥当であることを確かめました。しかし、得られたIFデータが実際の生物学的現象を表していることを、どのように確信することができるでしょうか。本ブログでは、2つの実験コントロールをご紹介します。

続きを読む >

Topics: IF-IC, Primary Antibodies, Antibody Performance, Antibody Validation, Protocols, Reproducility, Post Translational Modification

免疫蛍光染色の成功のために:抗体の検証の重要性


Posted by CSTジャパン on 2017/10/15 6:00:00


何ヶ月間にも及ぶ実験を経て免疫蛍光染色 (IF) でテストする段階にたどり着いたとき、重要な選択をしなくてはなりません。それは、信頼できるIFの結果を得るために、どの抗体を使用するか、それをどのように決めるか、です。また、抗体を決めたとして、次の疑問も解決しなくてはなりません。IF実験で得られる画像が標的の局在を正確に反映しているのかどうか、どうすればわかるのか。本ブログでは、これらの選択・疑問に関し、考慮すべきいくつかの点をご紹介します。

続きを読む >

Topics: IF-IC, Primary Antibodies, Antibody Performance, Antibody Validation, Protocols, Reproducility

自動染色へ切り替えますか? CSTがサポートします


Posted by CSTジャパン on 2017/10/01 9:00:00


IHC実験を手動プロトコール (手染め) から自動化されたプラットフォーム (自動染色装置) に移行したことがある方なら、切り替えプロセスに手間がかかることをご存知のことでしょう。CSTは、「IHC Leadership in Automation initiative」と銘打った新たな取り組みを始めています。この厳格な検証イニシアチブでは、私たちがこれまでに行ってきた徹底した製品の検証試験を拡張することで、CST製品をCST推奨の手染めプロトコールとだけでなく、自動染色装置でも使用できるようになり、お客様がアッセイの移行とプロトコールの最適化に費やす時間を削減することを目指しています。

続きを読む >

Topics: IHC, techniques, Antibody Performance, Antibody Validation, Protocols

複数の抗体を用いた蛍光染色


Posted by CSTジャパン on 2017/09/15 6:00:00


複数の抗体を1回の実験に用いると、より多くの有用な情報が得られます。複数の抗体と細胞染色用色素による多重染色は、マルチプレックス解析のシンプルな例です。細胞や組織におけるマルチプレックス解析技術は、一般的な細胞生物学研究だけでなく、診断目的にも適用可能な、強力な研究ツールです。これらの技術により、複数のバイオマーカーでサンプルを評価できます。また、標的同士の関係を共局在解析により評価することも可能です。本ブログでは、複数の抗体を用いた蛍光染色について、2つの一般的な手法を紹介します。

続きを読む >

Topics: IF-IC, techniques, Primary Antibodies, Antibody Performance, Protocols, Companion Reagents

ウェビナー | Highly Multiplexed Single Cell Analysis of Tumor Heterogeneity through Time and Space by Mass Cytometry


Posted by CSTジャパン on 2017/09/01 6:00:00


腫瘍生物学を理解し、患者のケアを向上するための新しいバイオマーカーを定義し、最終的に新しい治療方法と治療標的を特定するためには、腫瘍の生態系とその細胞間コミュニケーションの研究が非常に重要です。

続きを読む >

Topics: IHC, Webinars

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿