Cancerパスウェイ:がんの抵抗性


Posted by CSTジャパン on 2018/08/01 6:00:00


Cell Signaling Technologyは、MITのコッホ研究所Science誌、およびScience Signaling誌と協力して、Cancerパスウェイをテーマにしたウェビナーシリーズを発表することになりました。これらのウェビナーは、世界中のリーダーの考えをまとめ、現在の知見を共有し、がん研究コミュニティ連携の促進を目的としています。

本ウェビナーにおいて、演者は、薬物治療に応じたシグナル伝達経路の組替えががん抵抗性にどのように寄与し、この知見がどのようにしてより効果的な治療戦略の開発につながるかについて検討します。

主な演者:

yaffe_1_mod

Michael B. Yaffe, M.D., Ph.D.
Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA

jeffrey_engelman_mod

Jeffrey Engelman, M.D., Ph.D.
Harvard Medical School, Boston, MA

deininger_1_mod

Michael W. Deininger, M.D., Ph.D.
University of Utah, Salt Lake City, UT
 
 
ウェビナーを見る
 

  CancerPoster2013-sm5

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿