LAB EXPECTATIONS

免疫療法とCAR-T細胞


Posted by Cell Signaling Technology Japan on 2019/11/15 6:00:00


私たちの免疫系は感染性の病原体と戦う能力を備えています。これは正常な細胞ががん化した場合にそれらを検出して傷害し、がんの進行を抑制することもできます。しかし、がんは時間と共に進行し、免疫応答をくぐり抜ける手段を獲得することがきます。

続きを読む >

Topics: Immunotherapy

ビデオ: Understanding Macrophages in the Tumor Microenvironment


Posted by CSTジャパン on 2018/11/15 6:00:00


マクロファージの可塑性に関する研究動向

いくつもの細胞タイプの発見を通して新たな効果予測バイオマーカーの候補が提唱されるなど、腫瘍免疫学研究が脚光を浴びています。今回ご紹介する5分間のビデオでは、腫瘍随伴マクロファージ (TAM) の可塑性や、M1型とM2型マクロファージの区別に関する課題について、CSTのDevelopment ScientistであるSarah Klein博士がお話しします。

ビデオが視聴できない方はこちらをクリック

続きを読む >

Topics: Cancer Research, Immunotherapy, Immunology

2018年のノーベル賞は免疫療法のパイオニアに


Posted by CSTジャパン on 2018/11/01 6:00:00


2018年10月初旬、免疫療法と免疫チェックポイント制御に関する研究成果に対して、本庶佑博士とJames Patrick Allison博士に2018年ノーベル生理学・医学賞が授与されることが発表されました。お二人の研究により創生された新しいがん治療法は、何十年分の進歩にも相当するほどのインパクトを臨床現場にもたらしました。この受賞を記念して、本ブログでは、Allison博士、Gordon Freeman博士、Philip Gotwals博士によるウェビナーを紹介します。

続きを読む >

Topics: Webinars, Cancer Immunology, Cancer Research, Immunotherapy

未だ暗闇の中:答えを待ち望む加齢黄斑変性患者


Posted by CSTジャパン on 2018/08/15 6:00:00


D先生が受け持つ2年生の英語クラスでは、タブーや禁句はほとんどありませんでした。 私たちのクラスのプロジェクトでも、彼は本当に興味のある話題を追求するよう奨励し、ときにはD先生も知らないまったく新しいことについて発表しなければならないこともありました。しかし、プレゼンテーションスライドに素晴らしいビジュアルイメージが含まれている場合、その内容を言葉でうまく説明できるように準備しておかなければなりませんでした。黄斑変性症が、彼の健康な目を蝕んでいたからです。

続きを読む >

Topics: Reproducibility, Neurodegeneration, Immunotherapy, Therapeutics

GPNMB:トリプルネガティブ乳がんに対する免疫療法の有望な標的


Posted by CSTジャパン on 2018/05/15 6:00:00


ここ数年、免疫腫瘍学研究でいくつかのブレークスルーが見られました。私たちの体の免疫システムを利用して行われるがん治療は、推測の域を脱し、無限の創薬の可能性を提供する段階に移行しています。 なかでも、治療用モノクローナル抗体は免疫治療革命の最前線に位置しており、そのいくつかは、アメリカ食品医薬品局 (Food and Drug Administration; FDA) の承認を得て実際にがん治療に利用されています。

続きを読む >

Topics: Cancer Immunology, Cancer Research, Medicine, Immunotherapy, antibody-drug conjugates, Therapeutics

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿