LAB EXPECTATIONS

Cell Mentorのご紹介


Posted by CSTジャパン on 2019/08/01 6:00:00


CSTとCell Pressが提携して立ち上げた新しい教育リソースである「Cell MentorTM」をご紹介します!この教育リソースは、生物学を学ぶ学生や研究者のキャリア構築や研究成果の発表、ラボラトリースキルの向上を促し、研究の成功をお手伝いするものです。

続きを読む >

Topics: Reproducibility, Science Education, Career Development, Tech Tips

マイコプラズマコンタミネーション


Posted by CSTジャパン on 2019/06/01 6:00:00


マイコプラズマのコンタミネーションに代表される培養細胞の汚染は、実験に費やした日々の時間や労力を台無しにしてしまいます。

続きを読む >

Topics: techniques, Science Education

Responsible Science Podcast:エピソード4 – 出版


Posted by CSTジャパン on 2019/04/01 6:00:00


再現性の危機が叫ばれる中、「責任ある科学 (Responsible Science)」が何を意味するのかを語る5回シリーズのポッドキャストを、サイエンス誌「Science: Disrupt」とのコラボレーションでお送りします。

エピソード4では、科学普及産業の世界、すなわち最も効率的で公正かつ最適な方法で科学をより広い世界に効果的に伝達し、科学が発展し続けることができるようにすることを目的とする組織について、深く掘り下げたいと思います。

続きを読む >

Topics: Reproducility, Science Education

Responsible Science Podcast:エピソード3 – 産業


Posted by CSTジャパン on 2019/03/01 6:00:00


再現性の危機が叫ばれる中、「責任ある科学 (Responsible Science)」が何を意味するのかを語る5回シリーズのポッドキャストを、サイエンス誌「Science: Disrupt」とのコラボレーションでお送りします。

エピソード3では、科学産業の世界を深く掘り下げたいと思います。研究室の外の現実世界に科学の恩恵をもたらすとともに利益も上げている会社について取り上げます。

続きを読む >

Topics: Reproducility, Science Education

Responsible Science Podcast:エピソード2 – 撹乱者


Posted by CSTジャパン on 2019/02/15 6:00:00


再現性の危機が叫ばれる中、「責任ある科学 (Responsible Science)」が何を意味するのかを語る5回シリーズのポッドキャストを、サイエンス誌「Science: Disrupt」とのコラボレーションでお送りします。

エピソード2では、新しいテクノロジーやメンタリティー、ツールを通して、科学をより責任あるものにしようと取り組んでいるスタートアップ企業に迫ります。

続きを読む >

Topics: Reproducility, Science Education

Responsible Science Podcast:エピソード1 – イントロダクション


Posted by CSTジャパン on 2019/01/15 6:00:00


査読付き論文に掲載された実験結果の多くが再現できないなど、科学の信頼性が揺らいでいる中、「責任ある科学 (Responsible Science)」とは何かを語る5回シリーズのポッドキャストを、サイエンス誌「Science: Disrupt」とのコラボレーションでお送りします。

続きを読む >

Topics: Reproducility, Science Education

研究者から研究のサポーターへ


Posted by CSTジャパン on 2018/12/01 6:00:00


本ブログはCSTのProduct ScientistであるKaitlinによるつぶやきです。

私は、Cell Signaling Technology社 (CST) のProduct Scientistです。現在の仕事はかつての研究者仲間の仕事とは大きく異なっており、その内容を言葉で説明するのは難しいと思っているのですが、今日はできる限りみなさんにご紹介したいと思います。

続きを読む >

Topics: techniques, Antibody Performance, Science Education

解析したいタンパク質の転写方法はお決まりですか?- ウェット式 vs. セミドライ式


Posted by CSTジャパン on 2018/06/15 6:00:00


ウェスタンブロッティングで目的のタンパク質を特定しようと、ワクワクしながら実験しています。ライセート中のタンパク質のSDS-PAGEによる分離も終わり、次はゲルからメンブレンにタンパク質を転写するステップです。ここでふと、疑問に思うかもしれません。「ウェット式、それともセミドライ式、どちらが良いのだろう?」、と。あるいは、ウェット式転写とセミドライ式転写のそれぞれの長所と短所を踏まえ、次にどうすべきかすでにご存知かもしれません。

続きを読む >

Topics: techniques, Western Blot, Protocols, Science Education

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿