ローディングコントロールの設定が正しいかどうか考えたことがありますか?


Posted by CSTジャパン on 2017/12/01 6:00:00


ラボの進捗報告会あるいは学位論文発表会で発表するために、これまでの実験ノートからデータを集めています。あなたは興味深い仮説を立て、ウェスタンブロッティングで標的タンパク質を特異的に認識する抗体を使って実験したところ、バンドの分子量は正確で、標的タンパク質の発現は予想通りに変化しています。あなたは自信満々にプレゼンしました。しかし、ミーティング参加者から、こう指摘されてしまいました。「ローディングコントロールは?」と。

続きを読む >

Topics: techniques, Antibody Performance, Western Blot, Protocols, Companion Reagents

ウェスタンブロットを失敗した場合の費用


Posted by CSTジャパン on 2017/03/03 8:00:00


研究費について考えることは、シグナル伝達経路の研究のように楽しいことではありません。
しかし、研究資金の獲得は容易ではないため、ウェスタンブロッティング用の試薬を選ぶ際にはよく考える必要があります。なぜなら、実験全体が成功するかどうかは、抗体の信頼性、特異性、感度に左右され、一次抗体の品質に注意しなければならないからです。期待通りに抗体が機能しない場合は実験失敗の可能性を意味し、ウェスタンブロット失敗による費用は想像以上となることもあります。

続きを読む >

Topics: techniques, Antibody Performance, Antibody Validation, Western Blot, Reproducibility

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿