ウェビナー | Advances in AMPK and Autophagy Signaling


Posted by CSTジャパン on 2018/05/01 6:00:00


Reuben Shaw, Ph.D

Professor, Molecular and Cell Biology Laboratory, Deputy Director, Salk Cancer Center, The Salk Institute for Biological Studies

高度に保存された細胞内エネルギーセンサーであるAMPKは、すべての真核生物で確認され、細胞がストレスに晒された際に、細胞成長、代謝、オートファジーをリプログラミングすることによって代謝的な恒常性を維持します。

AMPKは、AMPおよびADPがAMPKの制御サブユニットに直接結合することで活性化され、上流のキナーゼであるLKB1によってAMPKのリン酸化が亢進します。LKB1は腫瘍抑制遺伝子の一つで、孤発性の肺がんや子宮頸がんでしばしば不活性化されています。AMPKのがんへの直接的な関与に加えて、AMPKは多くの糖尿病治療学でもよく研究されており、遺伝子操作によるがんや糖尿病のマウスモデルを用いた研究がLKB1およびAMPKの役割についての深い考察につながっています。LKB1はとてもユニークであり、エネルギー状態を感じ取る制御因子として働き、AMPKを通じて増殖や代謝のリプログラミングを制御していることが明らかとなってきています。過去10年間、私たちの研究室ではAMPKによる制御を仲介するAMPKの直接基質を同定するため、リン酸化プロテオミクスやジェネティクス、バイオインフォマティックスといったアプローチを組み合わせた解析を行ってきました。このアプローチはAMPKの直接的な基質の同定だけでなく、mTORシグナル経路やオートファジー経路の構成因子の同定、代謝における転写制御因子の同定にもつながります。さらに、下流キナーゼであるULK1の特徴付けにも重要な成果をもたらしています。ULK1はオートファジーの誘導に関与する高度に保存されたキナーゼであり、コアオートファジー経路で唯一のタンパク質キナーゼです。私たちは近年、ULK1の低分子阻害剤を開発し、他シグナルを標的としたがん治療と組み合わせてオートファジーを阻害するproof of principle (原理証明)のための細胞培養試験においてその実用性を検証しています。

ウェビナーを見る

オートファジー経路についてより詳しくお知りになりたい方は、以前投稿したブログAutophagy:細胞の自食作用AJournal Club:Zikaウイルスは発達段階の神経組織においてAktシグナリングを抑制し、オートファジーをハイジャックする、もご覧ください。また、オートファジーシグナルの関連製品は、こちらでご確認いただけます。

Speaker Biography

Reuben Shaw is a professor in the Molecular and Cellular Biology Laboratory at the Salk Institute. Dr. Shaw’s lab focuses on the AMPK signaling pathway, which coordinates metabolism and growth at the cellular and organismal levels across eukaryotes. This pathway is inactivated in a number of human cancers and altered in metabolic disease. After getting his bachelor’s degree at Cornell University, Dr. Shaw completed his Ph.D. at M.I.T. in the laboratory of Dr. Tyler Jacks. His postdoctoral research was performed at Harvard Medical School with Dr. Lewis Cantley, where Dr. Shaw discovered an unexpectedly direct connection between cancer and metabolism. In his own lab at the Salk Institute, established in January 2006, he has been using a combination of biochemistry, cell biology, and genetically engineered mouse models of cancer to dissect the role of the LKB1 – AMPK tumor suppressor pathway in coordinating metabolism, autophagy, and cell growth. This work has led to the identification of a number of new direct substrates of AMPK, which provide a molecular basis for how cells reprogram their metabolism and growth under conditions of nutrient deficiency. The Shaw lab also utilizes genetically engineered mouse models to explore how reprogramming of glucose and lipid metabolism contributes to tumorigenesis, and to develop and test novel therapeutic approaches for multiple types of cancer. Dr. Shaw has been the recipient of multiple prestigious awards, including that of a young investigator from both the American Cancer Society and the American Diabetes Association. He was named a V Foundation for Cancer Research Scholar in 2006 and a Howard Hughes Medical Institute Early Career Scientist in 2009. In 2014, he was appointed as the Deputy Director of the NCI-funded Salk Institute Cancer Center.

 

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿