ウェビナー | Highly Multiplexed Single Cell Analysis of Tumor Heterogeneity through Time and Space by Mass Cytometry


Posted by CSTジャパン on 2017/09/01 6:00:00


Webinar_Cytof_social

腫瘍生物学を理解し、患者のケアを向上するための新しいバイオマーカーを定義し、最終的に新しい治療方法と治療標的を特定するためには、腫瘍の生態系とその細胞間コミュニケーションの研究が非常に重要です。


腫瘍生態系 (TME) の働きを研究して理解するためには、腫瘍組織の高度なマルチプレックス画像の情報が不可欠となります。このようなマルチプレックス画像は、どのようなタイプの細胞が腫瘍に存在しているか、それらの機能の状態、また、どのような細胞間相互作用が存在しているのかを明らかにします。本ウェビナーの演者らは、組織のマルチプレックスイメージングを可能にするために、イメージングマスサイトメトリー (IMC) を開発しました。IMCは新しいイメージング手法であり、金属同位体をレポーターとして抗体に標識することで、組織において細胞レベルの分解能で同時に50以上のタンパク質を可視化することができ、将来的には100以上のタンパク質を可視化できると期待されています。したがって、IMCや抗体を用いたその他のマルチプレックスアッセイ系においては、特異性が高く、再現性があり、高度に検証された抗体が必須となります。

演者らは、IMCを用いて数百もの乳がんサンプルを定量的に分析しました。新規の画像処理演算を駆使した解析により、驚くべきレベルで腫瘍内と腫瘍外の不均一性が明らかとなり、既知のヒト乳がんのサブタイプとそれらと相互作用する間質細胞のタイプにおいて新しい多様性を同定しました。さらに、分析した患者の臨床成績と相関性のある、腫瘍微小環境における細胞間相互作用モチーフを同定しました。

要約すると、演者らの実験結果は、IMCにより細胞内レベルの分解能で、TME内の細胞タイプや細胞の状態、細胞間相互作用について、狙い通りの高次元の分析データが得られることを示しています。細胞集合体における複雑な細胞状態の空間的関係は、バイオマーカーとして使用することができます。演者らは、IMCが、疾患を理解し診断するため、また、治療方法を選択するためのシステム生物学的アプローチを可能にすると考えています。

ウェビナーを見る

ウェビナーのポイント:

  • 新しいイメージング技術であるイメージングマスサイトメトリー (IMC) とは?
  • 高度なマルチプレックス解析に抗体の品質がどれほど影響を及ぼすか?

主な演者:

Bernd Bodenmiller, PhD
Professor for Quantitative Biology, University of Zurich

Randall Wetzel, PhD
Director of Cytometry, Cell Signaling Technology


 

Topics: IHC, Webinars

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿