ウェビナー | Deciphering Cancer: Genomic Instability in Cancer


Posted by CSTジャパン on 2017/11/15 6:00:00


Deciphering-GM2_webinar_blog_1600X800.jpg 

DNA損傷が、がんのリスクを高めることはよく知られていますが、エピゲノムやクロマチン構造の変化も同様に重要です。DNA損傷は、損傷部位周辺のDNA結合タンパク質の再配置を引き起こし、クロマチン構造の局所的かつ一時的な変化を引き起こします。しかし、DNAの損傷と修復が繰り返されると、エピゲノムの永続的な変化をもたらし、それによってがんなどの疾患の発症を促進する可能性があります。本ウェビナーでは、クロマチンの修飾を担うタンパク質を標的とすることにより、どのようにしてがん治療に効果的な新しい治療法を開発することができるかを検討します。

ウェビナーのポイント:

  • コピー数増加に起因した腫瘍形成とゲノム不安定性の機序
  • ゲノム不安定性と腫瘍形成を引き起こす、様々なDNA損傷の形態
  • ゲノム不安定性の理解が、がん治療の進展にどのように寄与するか

演者:

Mark J. O'Connor, Ph.D.

AstraZeneca
Cambridge, UK

Johnathan R. Whetstine, Ph.D.

Massachusetts General Hospital Cancer Center Harvard Medical School
Charlestown, MA

ウェビナーを見る 

ウェビナー視聴後は、Cell Cycle, Checkpoint Control and DNA Damageに関するページもぜひご覧ください。

その他、無料でご覧いただけるウェビナーやビデオはこちら >>

 

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿