ウェビナー | Key signaling pathways in cancer: Emerging trends in immunometabolism


Posted by CSTジャパン on 2018/07/01 6:00:00


2016_11_emerging_trends_immuno_webinar_1600X800.jpg

 

免疫細胞は、例えば、病原体に対する免疫応答や、創傷治癒応答を開始する場合、急速に細胞分裂することが知られています。免疫応答の開始に必要なエネルギーの増加に対応するため、これらの細胞は、がん細胞と同様に、好気性解糖経路のような代謝経路を利用することができます。このことは、免疫細胞の代謝を理解することが、腫瘍細胞の挙動を理解する上で新規かつ実用的な知見をもたらす可能性を示しています。本ウェビナーでは、当該分野のエキスパートの演者が、この現象の研究動向を紹介し、がんとの戦いにおいて新しい治療戦略をいかにして開発するかを説明します。 

ウェビナーのポイント:
• 好気性解糖経路が免疫細胞のエネルギー産生にどのように寄与するか
• T細胞代謝における脂質代謝とミトコンドリアリモデリングの役割
• 代謝変化が炎症応答や自然免疫に与える影響

主な演者:

Max Planck Institute of Immunobiology and Epigenetics
Freiburg, Germany

Trinity College Dublin
Dublin, Ireland

ウェビナーを見る

  

ウェビナー視聴後は、ぜひCellular Metabolismに関するページもご覧ください。

その他、Cellular Metabolismパンフレットもダウンロードいただけます。 

 

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿