LAB EXPECTATIONS

免疫の概要:免疫システムは私たちをどのように守るのか


Posted by Cell Signaling Technology Japan on 2020/05/15 6:00:00


科学者や医療専門家は何百年もの間、私たちが病気になる原因と、体が病気に対応する無数のメカニズムについて研究してきました。これらのメカニズムには、非常に単純なものもあれば、ひどく複雑なものもあります。免疫についてのブログシリーズのこの最初の記事では、免疫システムが病気を防ぐために用いる様々な戦略を紹介します。

続きを読む >

Topics: Immunology

フェノタイプを理解する:腫瘍浸潤免疫細胞のタイプと機能のガイド


Posted by CSTジャパン on 2019/03/15 6:00:00


がん免疫療法は彗星の如く現れたと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その歴史は100年以上前の免疫療法の父と呼ばれるWilliam B. Coleyまで遡ります。

続きを読む >

Topics: Immunology

マルチプレックスIHCを解読する


Posted by CSTジャパン on 2018/12/15 6:00:00


近年、腫瘍微小環境における免疫チェックポイントタンパク質の研究が盛んに行われています。腫瘍免疫学の分野で研究をされている場合、マルチプレックスIHC (mIHC) を実施中、あるいは計画中なのではないでしょうか。下図のように、マルチプレックス画像は、各抗体を異なる蛍光シグナルに対応させることで腫瘍の多層描写を可能にします。IHCでより多くのターゲットを検出したいけれどmIHCのためにどう抗体と蛍光色素のパネルをデザインするかお悩みなら、ぜひ本ブログをご覧ください。

続きを読む >

Topics: IHC, techniques, Cancer Research, Immunology, mIHC

ビデオ: Understanding Macrophages in the Tumor Microenvironment


Posted by CSTジャパン on 2018/11/15 6:00:00


マクロファージの可塑性に関する研究動向

いくつもの細胞タイプの発見を通して新たな効果予測バイオマーカーの候補が提唱されるなど、腫瘍免疫学研究が脚光を浴びています。今回ご紹介する5分間のビデオでは、腫瘍随伴マクロファージ (TAM) の可塑性や、M1型とM2型マクロファージの区別に関する課題について、CSTのDevelopment ScientistであるSarah Klein博士がお話しします。

ビデオが視聴できない方はこちらをクリック

続きを読む >

Topics: Cancer Research, Immunotherapy, Immunology

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿