Journal Club | Zikaウイルスは発達段階の神経組織においてAktシグナリングを抑制し、オートファジーをハイジャックする


Posted by CSTジャパン on 2017/08/15 6:00:00


Zikaウイルス (ZIKV) はフラビウイルスに属するウイルスであり、デング熱と黄熱を引き起こします。蚊 (Ae. aegyptiおよびAe. Albopictus) の刺傷により感染し、そして性行為感染により二次的に流布します。成人のZIKV感染は、軽度のデング熱のような症状や、末梢神経系の自己免疫不全であるギラン・バレー症候群 (Guillain-Barré syndrome) を伴います。驚くべきことに、ZIKVは妊娠中に胎盤関門を通過して感染し、重度の先天性欠損小頭症 (脳の発育不全) を引き起こすこともあります。

続きを読む >

Topics: Journal Club, Literature Review

細胞内フローサイトメトリーとは


Posted by CSTジャパン on 2017/08/01 6:00:00


元来、フローサイトメトリーは、細胞外または細胞表面のマーカーの発現に基づいて不均一な細胞集団の中の異なる細胞種を特定する (免疫表現型検査として知られるアプリケーション) ために使用されてきました。しかしながら、フローサイトメトリーは細胞内の標的の検出にも適しており、複雑なシグナル伝達事象の研究にうまく応用することができます。

続きを読む >

Topics: プロトコール, 細胞生物学, フローサイトメトリー

より良い免疫組織化学実験のための4つのステップ:ステップ2、3、4


Posted by CSTジャパン on 2017/07/14 18:00:00


本稿は、IHCプロトコールを最適化するための方法に関する2部構成シリーズの第2部です。第1部ではステップ1として抗原賦活化の原則をご紹介しました。まだご覧になっていない方はこちらをクリックしてください。

続きを読む >

Topics: プロトコール, IHC, テクニック

より良い免疫組織化学実験のための4つのステップ:ステップ1 − 抗原賦活化


Posted by CSTジャパン on 2017/07/01 6:00:00


現在は「花金」よりも「プレミアムフライデー」と言った方が良いかもしれませんが、金曜の夜ともなれば、外に出て友人と会う人も多いでしょう。しかし、あなたは、そうする代わりに顕微鏡のある暗室に籠もっています。その時は、ラボで夕方を過ごすのも悪くないなと思っていたのです。なぜなら、この免疫組織化学 (IHC) のデータは、ちっぽけかもしれないけれども、この宇宙の重要な謎を解き明かしてくれると確信していたからです。しかし、あなたは今、全宇宙とすべての人間を呪い、座り込んでしまいました。目を凝らして顕微鏡を覗き込んでも、不明瞭で曖昧な画像しか見えません。そうです。実験は失敗に終わったのです。

続きを読む >

Topics: プロトコール, IHC, 関連試薬

Journal Club | Bivalentヌクレオソームのゲノムアドレス


Posted by CSTジャパン on 2017/06/15 6:00:00


遺伝子やその調節エレメントの活性は、ある程度、その細胞種に特異的なクロマチン状態により制御されます。クロマチンを構成するヌクレオソームは、遺伝子の発現調節に関わる多くの翻訳後修飾を受けるヒストンタンパク質のコアに巻き付けられています。

続きを読む >

Topics: Journal Club, Epigenetics

マルチプレックスIHCを用いた、免疫チェックポイントタンパク質とT細胞疲弊の特性解析


Posted by CSTジャパン on 2017/06/01 6:00:00


腫瘍免疫学の進歩は、従来の細胞傷害性化学療法 (1) よりも良好な反応を示す患者が多く、持続性のある、新たながん治療法をもたらしました。しかし、すべての患者に対して免疫療法が効くわけではありません。そのため、オーダーメイド医療を実現する治療法を開発するために、臨床バイオマーカーを同定しようと研究が行われています (2,3) 。

mIHCアプリケーションノート&研究発表ポスターをダウンロード

続きを読む >

Topics: IHC

Autophagy:細胞の自食作用


Posted by CSTジャパン on 2017/05/15 6:00:00


こんな言い方をするとギョッとする方もいらっしゃるかもしれません。「今ちょうど、あなたの細胞は自分自身を食べているところですよ!」1960年代、Christian de Duveは、この現象をギリシャ語の”auto” (自己) と”phagein” (食べる) から、“autophagy” (自食作用) と名付けました。彼はのちに、細胞生物学分野の功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この単語、あなたは英語で“aw-tof-a-gee”と発音しますか?それとも“auto-fay-gee”と発音しますか?実際のところ、トマトが”tom-ay-tow”でも”tom-ah-tow”でも通じるのと同様に、どちらの発音でも正しく、de Duve自身も「autophagyという言葉は作ったけれども、発音までは作っていないよ」と言及しています。

続きを読む >

Topics: Journal Club

なぜ濃度を高くしても必ずしも良い結果になるとは限らないのか


Posted by CSTジャパン on 2017/05/01 7:00:00


一次抗体を購入すると、多くの会社はmg/mLという濃度表記、すなわち「重量」単位で販売しているのに、CSTはそうでないことに気づくでしょう。CSTは、「重量」の代わりに「性能」、例えばウェスタンブロット10回分という単位で抗体を販売しています。

続きを読む >

Topics: 抗体の性能, 一次抗体

ヒストン修飾抗体の検証方法


Posted by CSTジャパン on 2017/04/17 7:00:00


ヒストン修飾を標的とする抗体は、類似したオフターゲットなヒストン修飾に非特異的に結合する可能性があります。逆に、抗体の特異的な結合が、近接するアミノ酸残基の修飾による立体障害が原因で阻害される可能性もあります。ELISA、WB、ChIPやIFのようなアッセイは、抗体の特異性や感度の検証によく用いられていますが、これらの方法では、抗体が近接するエピトープとどのように相互作用するかをはっきりと予想することはできません。したがって、これらの方法はヒストン修飾抗体の検証には不十分で、別のアッセイ系が必要となります。

続きを読む >

Topics: 抗体の検証, 抗体の性能, エピジェネティクス

免疫蛍光実験を始める前に確認すべき3つのポイント


Posted by CSTジャパン on 2017/04/03 16:52:16


「特異性」、「一貫性」、「最適化されたアッセイ条件」は、常に信頼性の高い免疫蛍光染色実験の結果を担保する上で大切な3つの要素です。実験を始める前に、以下の3つの質問について考えてみてください。

  • お使いの抗体は特異的ですか?
  • お使いの抗体の免疫蛍光染色プロトコールは最適化されていますか?
  • お使いの抗体は一貫して機能しますか?

それぞれについて順番に考えていきましょう。

続きを読む >

Topics: 抗体の検証, プロトコール, IF-IC, 一次抗体, 細胞生物学